ペーパーコードの座編み 


ペーパーコードとは、「椅子用の紙紐(ひも)」のことです。
北欧家具のハンス・J・ ウェグナーのYチェアや、ボ―エ・モーエンセンの椅子などによくみられます。

よった紙をさらに3~4本で編み込まれた紐なので、とても丈夫です。防腐、防水加工もなされています。
使用頻度にもよりますが、張り替え、編み替えのサイクルは7年ほどとみられます。

ペーパーコードの椅子の特徴としては、
  ○座面が体にフィットする
  ○編み方によって様々な表情がみられる
  ○夏涼しく、冬暖かい
  ○編み替えにより長く使うことが出来る
などが挙げられます。

ほこりなどがたまりやすい、しみがつくなどの短所もありますが、普段のメンテナンスである程度の軽減はできると考えます。
基本的なメンテナンスは、掃除機をあててほこりを吸い取り、日陰干しです。
しみなどは、しぼった布などでたたくようにして取ります。

他店でご購入されたYチェアや座編み椅子の張り替え、編み替えもいたします。
お気軽にお問い合わせください。

張り替え、編み替えは、国産ペーパーコード(4~5mm径)と工賃、諸費合わせて、
  ○Yチェア              12,000円
  ○J39などYチェア以外   10,000円~
  ○かのこ編み          15,000円~  (税込、送料別。2011年9月現在)
3mm径のペーパーコードは3,000円プラスになります。
椅子の形状により変動しますので、お問い合わせください。


ペーパーコードの編み込みは、縦ひもを編んだ後、それに横ひもを波型に通し、強い力で編み込んでいきます。

かのこ編みです
縦横の本数を変えることで、表情が変わります

Yチェアの編み方です